ブロック 菌床
菌床 菌床ブロック 菌床 キノコ 農業 椎茸 菌床 きくらげ 就農 格安 菌床 栽培 菌床
シイタケ栽培   きくらげ栽培  ひらたけ栽培  エリンギ栽培

販売について|きのこの菌床販売【株式会社 和進】

菌床 椎茸
就農 栽培 きんしょう
菌床  農業 農家
菌床   農家
株式会社和進における菌床の生産 シイタケの菌糸  菌床
【当社の菌床について】
当社では、菌床 用 培地の原料(オガ屑、米ぬか、小麦フスマ)は中国産のものを使用し、中国の菌床 工場において徹底した管理の元、生産しております。現在、日本において心配されております放射性セシウムなどの影響はありません。よろしくお願いいたします。
栽培 しいたけ
 きくらげ 栽培
 ひらたけ 栽培
栽培 エリンギ
椎茸 栽培 害菌対策 菌床
◎シイタケ、キクラゲ、ヒラタケ、エリンギなどの菌床を取扱っております。詳しくはお問合せ下さい。
ご挨拶
品質管理万全のきのこ菌床で、農家経営のお役に立てればと思います。
北海道から東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州まで。当社は全国各地への出荷に対応しております。

インフォメーション
株式会社 和進が取り扱うキノコ輸入菌床は、徹底した衛生管理・無農薬で生産されていますので、安心してご使用いただけます。
会社概要
菌床 製造販売
株式会社 和進
〒333-0851
埼玉県川口市芝新町10-9-401
TEL:048-485-9600
FAX:048-485-9604
090-6516-4111
[営業担当:殷 いん]
シイタケ辞典
古くは生薬として用いられた椎茸。日本では精進料理に欠かせない存在でした。海外では今「UMAMI(うまみ)」が話題ですが、椎茸はうまみ成分“グルタミン酸”を多く含む、低カロリー食材です。
>>椎茸(しいたけ)辞典


プライバシーポリシー
シイタケの菌糸 ブロック菌床
販売 菌床
きくらげ 菌床しいたけ 菌床 きんしょう きのこ 栽培 椎茸
販売について
●無料サンプルをお試しいただけます。
正式なご購入の前に、無料サンプルできのこの出来具合をご確認いただけます。弊社の菌床についてご納得いただいた後で、ご購入いただければと考えています。
●販売について
ご購入申込から2週間ほどで、お客様にお届け致します。定期的にお届けすることも可能です。
廃菌床 販売
●生産地
菌床は、中国において生産しております。
●菌床の製造
・おが屑に小麦ふすまや米ヌカ等の栄養材を加え撹拌し、培地をつくります。
・培地を培養袋に充填します。
・高圧殺菌釜(120℃)で殺菌処理を行います。
・冷却してから、種菌を接種します。
・袋を培養室で培養します。
菌床 
●安全性・品質
菌床の生産は、衛生管理を徹底した工場で行っております。生産管理は、日本におけるシステムと同様の方法を採用。一切農薬を使用しておりません。また、輸出時に検疫検査を実施しています。
菌床 作り方
●実績
販売は、日本以外に、韓国、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアの農場に行っています。
販売 菌床ブロック
販売 菌床(椎茸)
舞茸 菌床
販売 菌床(しいたけ 椎茸)ブロック
キノコ栽培用菌床製造販売 株式会社 和進
〒333-0851 埼玉県川口市芝新町10-9-401
TEL:048-485-9600 FAX:048-485-9604
携帯電話:090-6516-4111[担当:殷(いん)]
◎シイタケ菌床、キクラゲ菌床、エリンギ菌床、ヒラタケ菌床、お取扱いしております。
※営業で不在の場合がございます。お手数ですが携帯電話までおかけ下さい。
※お問合せページからは、24時間送信可能です。
栽培  菌床 
 きんしょう 椎茸
菌床 オオクワ 菌床産卵
きくらげ 菌床  椎茸菌床栽培  栽培 
《参考》
キノコ菌床栽培の歴史
自然に生えているキノコを採取した時代から人工栽培に変わっていったのは、江戸時代と言われます。大分県(豊後国)で、炭焼きで残った丸太にシイタケが生えているのを見つけた炭焼き職人が思いついたのがきっかけと伝わります(初期の原木栽培)。
昭和初期には栽培方法が大きく変わります。シイタケにおいては、種ごまを木材に直接植え付ける手法が発明されました。本格的な原木栽培の始まりです。エノキタケの菌床栽培法が確立されたのもこの時期です。
シイタケの菌床栽培は、昭和40年代から開発が進み、平成初期頃から生産量が拡大していきます。現在では市場の生シイタケのほとんどが「菌床栽培」によるものとなっています。
発生 シイタケ
国内菌床シイタケ生産量と価格の推移

国内菌床シイタケ生産量 発生
エリンギ
菌床による椎茸など食用キノコの栽培(農業)について
エリンギ
シイタケの菌床栽培は、原木を用いた栽培に比較すると軽労働で「収穫までの期間が短い」「気象の影響を受けにくい」「計画的な生産が可能である」等の利点があります。
培地 きのこ菌
菌床 用 培地(おが粉等に栄養材として米ぬか等を加えたもの)の製造の流れ
菌床 製造
1 オガ屑と栄養源(米ぬか、麦フスマなど)、水を混合する。
2 袋詰めし、ブロック状に固める。
3 高圧釜にて殺菌する。
4 冷却した培地に、無菌室で植菌していく。
5 培養室にてゆっくりと培養する。
きのこ菌
菌床キノコ栽培への新規参入
菌床 製造
建設関連業からの参入をはじめ、新規参入、大規模な参入が近年増加しています。 計画的な栽培・出荷が可能なことがその大きな理由と考えられます。 山間部において、遊休地を利用することで、比較的、初期のコストを抑えての参入が可能で、女性や高齢の方でも可能な軽作業も、労働力確保の観点から魅力です。
きのこ菌
菌床(きんしょう)栽培
菌床 製造 菌種(キノコ)
菌床(オガクズなどに麦フスマや米糠などの栄養源を混合した人工の培地)でキノコを栽培する方法です。
※菌床はクワガタやカブトムシの飼育にも用いられています。

菌床は、「木質基材」「栄養源」からなります。
木質基材は、菌種(キノコ)の種類により木の種類が異なります。クヌギ、コナラ、クリ、ブナ、カシなどの落葉樹(広葉樹)が用いられることが多い。
栄養源には、コメ糠、ムギ糠(フスマ)が多く用いられる。ほかにトウモロコシ糠、小麦粉などが利用され、キノコの種類により発生する特性が異なる。
キノコの菌以外の雑菌が繁殖しないよう、菌床の製造工程において「滅菌」処理が行われる。

培地の比率は菌種(キノコ)により異なる。

シイタケ
混合比 木質基材 85〜90%。栄養源 10〜15%。補助栄養 1〜5%。水分率 58〜62%
エノキタケ
混合比 木質基材 65〜75%。栄養源 25〜35%。補助栄養 1〜5%。水分率 60〜75%
混合した菌床材料は「瓶」「袋」「平箱」などに詰められる。
菌床  おがくず

>>>菌床 栽培

>>>菌床キノコの味

>>>菌床 用 培地の製造の流れ

>>>菌床キノコ栽培への新規参入
菌 販売 菌床(しいたけ 椎茸)ブロック
菌床 エリンギ 菌床シイタケ栽培
きのこ菌 収穫作業 きんしょう
キノコ栽培用菌床 製造・販売【和進】菌床 栽培 きのこ培地 きのこ栽培 千葉 埼玉 群馬 長野 山梨 愛知 岐阜 全国へ出荷
原木 栽培 菌床 培地 
Copyright©2010-2013 SEISHIN All Rights Reserved.
シイタケ キクラゲ エリンギ ヒラタケ菌床 ブロック 培地
ホーム| しいたけ(椎茸)の菌床| 販売について| きくらげ栽培用菌床| ひらたけ栽培用菌床| エリンギ栽培用菌床
格安 菌床 販売